2005年03月21日

「薩摩茶屋」

ヨコワケハンサム」。試合後も決して乱れない横分け、まさにヨコワケハンサム
カールゴッチに私の息子と言わしめた職人木戸修
頑なに味にこだわり少量生産を続ける職人村尾氏が手がける最も入手困難な
村尾のレギュラー酒「薩摩茶屋」これは木戸修です
一時は旧UWFでトップに上り詰めたものの新日Uターンで前座に舞い戻ったあたり
村尾の前座的存在薩摩茶屋といっても過言ではないでしょう
オーダーの際は「ヨコワケハンサム」で
水割りの際は「横山剣じゃないよ」
お湯割りの際は「マイ・サン(私の息子)」です
posted by 池田 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス的おすすめ焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2525827
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
新着情報
最近のトラックバック
ひとりごと
過去ログ
記事検索