2007年04月08日

営業時間についてお詫び

最近営業時間の問い合わせが多くなってきました
ここではっきりしなければと思い報告させて頂きます

先週某求人誌に求人広告載せました
結果応募0件(笑)0ですよ!0件!電話すら無し。
もう諦めました、当分これで行きます。

しかし営業となると2人じゃあ無理
知り合いとかに片っ端から声かけた結果
月曜日の昼だけきてくれるタイ料理屋時代の後輩、
4月いっぱいだけ手伝えるご近所の青年
職業上不規則でめったに入れない女性
6月から海の家勤務の為5月いっぱいならOKの女性
超その場凌ぎ(笑)もろすぎる面子です
でもしょうがない、きていただけるだけで感謝です
余談ですが今長く働いていただいてる女性二人
夜のスタッフ居ないと自発的に夜まで残ってくれる主婦
つまり1日10時間以上立ちっ放しになるわけです
1日10時間立ちっぱなしの仕事をしてくれる主婦
         ↑
     根性ありすぎ主婦
真冬で氷水のような水の中で20キロもの鶏がらの掃除をしてくれる女子高生(現女子大生)※1時間かかります
         ↑
根性ありすぎ女子高生(現女子大生)
今考えれば奇跡です、こんな人たちに来てもらったのは(笑)

当分一人で仕込むしかありません、しかし
麺、スープ私一人で作れる量は120食が限界
スープは12時間かかるから一発勝負、
少なくなってきたからといって注ぎ足せないのです
製麺もこれが限界
これ以上睡眠時間削るとぶっ倒れて一食も作れなくなります(笑)
しかも最近お昼かなり忙しくなってきました
先週木曜なんか昼だけで終わってしまいましたし
でも限界、これ以上は俺一人では無理です

人が入ったらすぐにでも元の営業時間に戻せると思ってましたが
この忙しさと人材不足では到底戻せそうに無いです
新スタッフ入ったとしても今の寸胴ではMAXまでスープ作っても明らかに夜9時〜10時頃にはなくなってしまいそうです
深夜営業復活も無理っぽいです
新スタッフ入ったら寸胴大きくしてスープ増やすか?
コンロの大きさ考えるとこれ以上大きい寸胴はは置けないのです・・・

よって当分の間の営業は120食にて売り切れ終了とさせて頂きます
昼の分、夜の分スープ分けようとかも考えたんですが
一緒なんですよね、昼1時に来てスープ切れってなっても
不満が出るだろうし、夜スープ残しても9時に終わっちゃったら
遅くに来たい人からは不満が出るだろうし、結局不満が出る(笑)
とりあえず自分が出来る事は毎日気を抜かず
一生懸命作ること、ご迷惑おかけしますがご理解ください


posted by 池田 at 14:34| づゅる麺池田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
新着情報
最近のトラックバック
ひとりごと
過去ログ
記事検索