<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
新着情報
最近のトラックバック
ひとりごと
過去ログ

2005年07月20日

八幡

「人間不信」と書いた紙切れを1枚残して一週間行方をくらました
元柔道日本一坂口征二
猪木のあまりにも理不尽な行動に対して坂口がとった抗議行動
(IWGP舌だし失神事件ね)
こんな美味い焼酎を作る人間がいるのか?
と人間不信に陥りそうな高良酒造さんの八幡
まさに飲み手を坂口にさせる焼酎です
ご注文の際は「人間不信」
水割りの際は「腰が悪いからアトミックドロップなんだよね」
でおねがいします
posted by 池田 at 15:24| Comment(1) | TrackBack(0) | プロレス的おすすめ焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

「不二才」

不二才(ぶにせ)とは見た目は悪いが
中身は良い男という鹿児島の方言です
見た目はアフロのチャールズブロンソンみたいな悪人顔、
しかも刺青、なのにあだ名は「美獣」
そう、不二才とはハーリーレイスのことなのです
ま、中身は良い人かどうかわ知りませんけどね
オーダーの際は勿論「美獣」
水割りのさいは「なぜトップロープからじゃないの」
お湯割りの際は「馬場の用心棒説もあるよね」でお願いします
posted by 池田 at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス的おすすめ焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

「旭萬年 黒麹」

黒いカリスマ蝶野正洋選手の入場です
飲み口はケンカキック、後味STF、アイムチョーノ!
この蔵は比較的新しく、この萬年も新しい焼酎なのですが
ここ最近人気急上昇で入手困難
このブレイクっぷりは第一回GIクライマックスでまさかの優勝を成し遂げ
一気にトップレスラーの仲間入りを果たした蝶野正洋そのものではないでしょうか
オーダーの際は「黒いカリスマ」
水割りの際は「奥さんドイツ人」
お湯割りの際は「奥さん酒強いんだってね」でお願いします。
posted by 池田 at 15:44| Comment(1) | TrackBack(0) | プロレス的おすすめ焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

「三岳」

出ました、藤波副会長です、マッチョドラゴン藤波副会長です
健介退団を東スポで知った男、藤波副会長です
新日社長就任を誰よりも自分が一番驚いた男、藤波副会長です
このおおらかさ、まさに世界遺産級!
と言うわけで島全体が世界遺産の屋久島の焼酎「三岳」は
藤波副会長なのです。
ご注文の際は「マッチョドラゴン」
水割りの際は「B面はドラゴン体操」
お湯割りの際は「こんな会社辞めてやる」でお願いします。
posted by 池田 at 10:47| Comment(1) | TrackBack(0) | プロレス的おすすめ焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

「さつま 黒」

九州地方に戦慄を走らせた黒い魔人、ボボブラジル
福岡生まれの僕には衝撃的過ぎるレスラーです
ボボ・・・しかもブラジル・・・サンバのリズムで・・・
リングアナウンサーが彼の名をコールするたび
僕と母の間になんとも言えない空気が流れるのでした
そう、まるでウイークエンダーの再現フィルムの時の様に・・・
まったく焼酎の説明になってませんがこれは有名な「佐藤」
のレギュラー酒、この黒麹の香ばしさ、まさに黒い魔人です
オーダーの際は「黒い魔人」で
水割りの際は「花束食ってたよね」です
posted by 池田 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス的おすすめ焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

「薩摩茶屋」

ヨコワケハンサム」。試合後も決して乱れない横分け、まさにヨコワケハンサム
カールゴッチに私の息子と言わしめた職人木戸修
頑なに味にこだわり少量生産を続ける職人村尾氏が手がける最も入手困難な
村尾のレギュラー酒「薩摩茶屋」これは木戸修です
一時は旧UWFでトップに上り詰めたものの新日Uターンで前座に舞い戻ったあたり
村尾の前座的存在薩摩茶屋といっても過言ではないでしょう
オーダーの際は「ヨコワケハンサム」で
水割りの際は「横山剣じゃないよ」
お湯割りの際は「マイ・サン(私の息子)」です
posted by 池田 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス的おすすめ焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「伝」

明治時代に品質管理が難しく白麹、黒麹に主役の座を奪われ
今はほとんど使われなくなった黄麹
あえてこの黄麹を使い焼酎の原点に帰った「伝」
ショーマンシップ化が進みメインではほとんど使われず
前座の痛め技と化した関節技をあえて使いプロレスの原点に帰った
関節技の鬼藤原喜明、もう説明はいりませんね
オーダーの際は「藤原組長」で
水割りの際は「寝技が得意だからってAVに出るのはどうかな」
お湯割りは「ゴッチの犬ロープに吊るした事あったよね」です
posted by 池田 at 15:40| Comment(1) | TrackBack(0) | プロレス的おすすめ焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

「利右衛門」

芋焼酎を初めて飲まれる方にオススメなのがこちら「利右衛門」
まるで芋焼酎界のスカウト部長!そうです木村健吾です
猪木そっくりの体を持つ男として期待されながらもなかなか芽が出ず
ベニーユキーデに弟子入りするもぱっとせず、結果新日一の美声として
「らしくもないぜ」と言う曲を出したのが一番評価されたのでした
そんな健吾の歌声のような甘口のこの焼酎女性にもおすすめです
当店でのオーダーの際は「健吾の奥さん目黒区議員」で
水割りの方は「奥さんひったくりにあったよね」と付け加えてください
posted by 池田 at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス的おすすめ焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「百合」

この焼酎、まさに天龍源一郎(米国では”テンルー”基本だよね)です
昭和のプロレスを感じさせる焼酎です
不器用ながらスパイダージャーマンなどの流行技を使いこなし
かと思えばグーパンチなどシンプルで荒々しい技を得意とする
しかしよく見るとグーの握りが甘い(つまりあまり痛くない)
そんな武骨な男の優しさを感じさせる一本です
当店でオーダーの際は「天龍、グーパンチで」これだけで十分です
ちなみにおばちゃんパーマのレスラーはグーパンチがお好きなようである
(例、天龍、星野勘太郎、テリーファンク、ダスティローデス)
posted by 池田 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス的おすすめ焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

吉酎 黄麹

一言で言うなら華やかです、芋焼酎とは思えません
とてもフル―ティ、芋焼酎嫌いな方でも飲めるのでは?
この華やかさ、まさにリックフレアーです
入場のど派手さとは裏腹に得意ワザはコーナーでのやめてポーズや
隙を付いての急所攻撃などまさに狂乱の貴公子の名にふさわしい男
と言うわけで私はこの焼酎を「狂乱の黄麹」と呼びたいと思います
当店でオーダーの際は「リックフレアー」で。
posted by 池田 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス的おすすめ焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

桜島 黒麹

喧嘩の強さとイチモツのデカさで男女を問わず恐れられた男の中の男バットニュースアレン
しかしながらモントリオール五輪柔道銅メダルという輝かしい実績の持ち主でもある
そんな男らしさと華やかさを兼ね備えた焼酎がこちら「桜島黒麹」です
濃厚でとろりとした甘味と旨み、本坊酒造さんのイチモツのデカさを感じる一品です
当店でご注文の際は「バットニュースアレン、ロックで」とお申し付けください
posted by 池田 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | プロレス的おすすめ焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索